人狼村

CHARACTERS

役職

Characters Rule 役職・ルール紹介

役職説明

村人

役職アイコン

村人

村人陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

なんの能力も持たない村人。

議論の中心となり人狼を見つけ出そう。

占い師

役職アイコン

占い師

村人陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

毎晩、生存者の1人を指名し「人狼」か「人狼以外」かを知ることができる。

霊能者

役職アイコン

霊能者

村人陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

毎晩、昼時間に処刑された者が「人狼」か「人狼以外」かを知ることができる。

狩人

役職アイコン

狩人

村人陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

夜時間毎に1人だけ人狼の襲撃から護衛することができる。

護衛した先と人狼の襲撃先が一致した場合、襲撃は失敗し平和な朝を迎える。

自分自身は守ることが出来ない。

 

人狼

役職アイコン

人狼

人狼陣営/ 人狼カウント/占い結果:人狼 霊能結果:人狼

 

毎晩「人狼」のカードを引いた者と作戦会議を行い、1人を指定し襲撃を行う。

 

襲撃された者は翌日の朝無残な遺体となり発見され、ゲームから脱落する。

狂人

役職アイコン

狂人

人狼陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

人狼の味方をする狂った村人。

人狼陣営の勝利を目指す。

狂人は誰か人狼なのか知らず、

人狼も誰か狂人か知らない。

共有者

役職アイコン

共有者

村人陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

ゲーム開始時、最初の夜時間に同じ「共有者」のカードを引いた者と顔合わせをすることが出来る。

猫又

役職アイコン

猫又

村人陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

猫又が人狼に襲撃された場合、人狼を1人道連れにし死亡する。

 

猫又を処刑した場合、生存者の中からランダムで1人道連れにし死亡する。

妖狐

役職アイコン

妖狐

第三陣営/ カウントなし/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

村人陣営にも人狼陣営にも属さない第三陣営。

ゲーム終了時生存者していれば妖狐の単独勝利となり、他の陣営は敗北する。

 

人狼に襲撃されても死亡しないが、

占い師から占われると呪殺されてしまう。

背徳者

役職アイコン

背徳者

第三陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

妖狐の味方をする第三陣営版狂人。

勝利条件は「妖狐の勝利」

 

一方的に誰か妖狐のカードを引いているのかを知っている。

妖狐がゲームから脱落すると勝利条件が無くなる為、後を追って自殺をしてしまう。

病狼

役職アイコン

病狼(オリジナル役職)

人狼陣営/ 人狼カウント/占い結果:人狼 霊能結果:人狼

 

特別な能力を持った人狼。

人狼の作戦会議に参加し、人狼陣営の勝利を目指す。

 

人狼と病狼は毎晩作戦会議を行い、

「襲撃」or「病気を移す」

どちらかの能力を実行する。

「病気を移す」を選択した場合は襲撃が出来ない為、翌日の朝は平和な朝を迎える。

 

 

・「病気を移す」とは

病狼が生存している間、一度だけ「病気を移す」事ができる。

夜時間誰か1人を指定し「病気を移す」と、

指定された者は翌日の夜から役職が「人狼」に上書きされ、勝利条件も人狼陣営の勝利に変更される。

 

病気を移した先が狩人に護衛されていた場合は失敗に終わり、以降は「襲撃」しか選択できなくなる。

 

毒狼

役職アイコン

毒狼(オリジナル役職)

人狼陣営/ 人狼カウント/占い結果:人狼 霊能結果:人狼

 

特別な能力を持つ人狼。

人狼と一緒に作戦会議を行ない、人狼陣営の勝利を目指す。

 

人狼と毒狼は毎晩1人を指名し

「襲撃」or「毒殺」

のどちらかを選択することが出来る。

 

・「毒殺」とは

毒狼が生存している間のみ選択することができる。

毒を盛られた者は翌日の議論時間終了時に死亡する。

 

マジシャン

役職アイコン

マジシャン(オリジナル役職)

人狼陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

強化版狂人。

自分が襲撃された時、一度だけ襲撃先を好きな所に変更することができる。

 

マジシャンによって変更された襲撃先が人狼であっても、死亡する。

 

マジシャンが狩人に護衛されている状態で襲撃された場合は襲撃先を変更することはできない。

探険隊

役職アイコン

探険隊

村人陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

ゲーム開始時にGMがランダムに「宝」を持っている者を決める。

 

探険隊は毎晩1人を指定し、探索を行う。

宝を見つけたかどうかは即時アナウンスがされる。

 

規定数の宝を集めると

翌日、人狼は襲撃することが出来なくなる。

ペテン師

役職アイコン

ペテン師(オリジナル役職)

中立陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

毎晩どの陣営の味方をするかGMに伝える。

翌日に指定された陣営となり、共に共存勝利を目指す。

 

※ゲームから脱落した場合は勝利条件を失う

猛獣使い

役職アイコン

猛獣使い(オリジナル役職)

第三陣営/ 村人カウント/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

ゲーム終了時生存していると単独勝利。

 

毎晩1人を指定し「躾(しつけ)」を行う。

指定された者が「人狼」だった場合、猛獣使いが襲撃先を変更することが出来る。

変更された襲撃先が人狼であっても死亡する。

 

※一度躾けた人狼を再度指定しても襲撃先は変更されない

スケルトン

役職アイコン

スケルトン(オリジナル役職)

人狼陣営/カウントなし/占い結果:人狼以外 霊能結果:人狼以外

 

村人カウントを持たない狂人。

生存している間は生存者の村人カウントが1人減らされる。

ルール説明

「人狼ゲーム」とは?

ある村に『人狼』という人の姿をした狼が出ると言う噂からはじまります。
人狼は人の姿に化けることができ、村人たちは誰が人狼なのかは、わかりません。
人狼は夜になる度に、村人たちを襲撃し、殺していきます。
ひとり、またひとりと減っていく村人たち……。

いったい誰が人狼なのか?これ以上人狼の好きにさせてたまるか。
村人たちは話し合いで人狼であろう村人を選び、処刑することに決めました。

そして一日目の話しあいがはじまりました。
果たして、最後に笑うのは村人か、それとも人狼か──

命をかけた心理戦が今始まります。

ゲーム説明

ストーリーが分かったところで簡単にゲームについて説明していきます。
人狼ゲームとは、村人陣営と人狼陣営に分かれ、話し合いをしながら相手の正体を見抜いていく心理ゲームです。

ゲームマスターがプレイヤーに役割の書いたカード配ります。
プレイヤーは、配られたカードで自分の役割を確認し伏せておきます。
他の人がどんなカードを持っているかは知ることができません。
ただし、「人狼」のカードを引いた人たちだけは、自分の仲間を知ることができます。

人狼陣営は自分たちが人狼であるとばれないように村人のふりをします。
村人陣営は、信じられる仲間を推理で見つけ出し人狼陣営を追放していきます。

ゲームの勝利条件

村人陣営:人狼をすべて処刑すると勝利
人狼陣営:村人と人狼が同数になると勝利

ゲームの流れ

ゲームは「夜」と「昼」のターンが、交互にやってきて進められます。それぞれのターンで次のようなことを行います。


能力者が能力を実行したり、人狼が村人を襲撃し、殺害するターンです。人狼は、今夜、襲撃する村人を一人選択する事ができる。もし仲間の狼がいる場合は、ハンドサインなどで話し合い、誰を襲撃する決めます。


昨晩、人狼により襲撃された人がが発表される。(初日は襲撃された人の発表はありません)襲撃者の発表の後、生存者で議論をはじめ、だれが人狼か探します。議論時間終了後、投票により、この日処刑する人物を一人決定し処刑します。

「何の手がかりもないのに初心者の私には人狼なんか分かるわけないよ!!」となってしまいます。なので、村人陣営には役職者という特殊な能力を持った村人がいます。